肝斑(かんぱん)を一般的なシミと同じように扱った私は地獄をみました。美容〇〇師がコッソリとしている方法で簡単にケアできることだったのに。。

肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは?

総合

肝斑(かんぱん)の特徴

投稿日:

肝斑(かんぱん)とは、頬骨や目じりの下辺りを中心としてできるシミのようなもので、左右対称に現れます。
薄い褐色で広範囲にでき、輪郭がはっきりしない特徴があります。
紫外線などの外的要因が原因となる老人性色素斑と間違えやすいですが、前述した内容と一致すれば肝斑の可能性が高いです。
また、肝斑であれば目の周囲にはできません。
その原因は、ホルモンバランスの乱れであるとされています。
妊娠によって症状が促進されたり、悪化することが分かっています。
また、ストレスもホルモンバランスが乱れる原因となることから、ストレスとの関係性も指摘されています。
主に30代から40代の女性にできることが多く、高齢になってからできることはほとんどありません。
治療したい場合は、内服薬のほかレーザー治療でも改善することができます。
この点も一般的なシミとの違いであり、普通のシミであれば内服薬での治療は難しいです。
しかし、肝斑であればトラネキサム酸が有効で、この成分を含んだ内服薬を服用することで治療を行えます。
皮膚科での診断で処方してもらうことができますし、ドラッグストアなどでもトラネキサム酸が含まれた内服薬が販売されています。
そのため、これらを使用して改善を行うか、美容皮膚科などでレーザー照射を行うようにすると良いでしょう。
なお、肝斑を悪化させないためには、日頃のスキンケアにおいても注意が必要です。
肝斑は肌への刺激で悪化しやすい症状です。
そのため、顔をマッサージする際などは、強く行わないように注意が必要です。
また、日々のクレンジングや洗顔においても同様で、強く肌を擦り過ぎてしまうと症状が悪化してしまいます。
そのため、クレンジングや洗顔の際は、指の腹を使って優しくなでるように行いましょう。
その他にも、肝斑が気になるからといって、むやみに触れないことも大切です。
気になる症状があると無意識のうちに触れてしまうことがありますが、刺激を減らすためにも、なるべく触らないようにしましょう。

-総合

Copyright© 肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは? , 2017 All Rights Reserved.