肝斑(かんぱん)を一般的なシミと同じように扱った私は地獄をみました。美容〇〇師がコッソリとしている方法で簡単にケアできることだったのに。。

肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは?

総合

肝斑(かんぱん)の治療方法と治療効果

投稿日:

加齢とともに気になるのがシミですが、シミといってもいくつかの種類があります。
その一つが肝斑(かんぱん)です。
30代後半から見られることが多いものです。
特徴は左右対称にほぼ同じ形、大きさであらわれるということです。
ほお骨あたりにあらわれることが多く、比較的広い範囲で、輪郭がはっきりしない形で広がります。
額や口の周辺にできることもあります。
目の周囲にはできないので、色が抜けたように見えることがあります。

シミの原因の多くは紫外線によるものですが、肝斑(かんぱん)の場合、女性ホルモンも関係しているといわれています。
妊娠や経口避妊薬の服用をきっかけにできることがあるからです。
また、精神的なストレスでホルモンバランスが崩れたり、過度のマッサージといった肌への刺激によって悪化してしまうことも原因だといわれています。

シミの治療方法はいろいろあります。
内服薬や美白外用剤、レーザーといったものです。
肝斑(かんぱん)の治療には、トラネキサム酸が有効とされています。
トラネキサム酸は、色素沈着を抑制する効果を持つ内服薬です。
皮膚科では、症状によってビタミンCやハイドロキノンといった美白外用剤と組み合わせて治療することがあります。
外用薬は肌のバリア機能を通過して、シミの原因となるメラノサイトに到達しますが、内服薬の場合、血流にのって皮膚の隅々にまで有効成分が届けられるので、表皮の深いところにあるメラノサイトにも効果を発揮するのです。
トラネキサム酸の効果は4~5週間後といわれています。

もちろん、肝斑(かんぱん)といっても紫外線によるシミと合併してしまっている場合も多いです。
そうなると治療法は一つに限りません。
ただ肝斑(かんぱん)の治療にレーザー照射は向いていません。
肝斑(かんぱん)にレーザー照射をしてしまうと、色素沈着がかえって強くなってしまうことがあるからです。
複合したシミがある場合は、まず肝斑(かんぱん)治療をするのがおすすめで、治療しながらも新たなシミを増やさないように紫外線対策を行うようにしましょう。

 

肝斑(かんぱん)の治療効果

シミには様々な種類があり、それぞれ原因や対処法が異なります。
そのひとつが肝斑(かんぱん)です。
この特徴としては、30代から40代に突然、あらわれると言った点や、ほほ骨に沿った状態で、あるいは目尻の下あたりに左右対称でシミが広がっていると言う点が挙げられます。
肝斑(かんぱん)もシミの一種ですから、原因としては紫外線ダメージなどによるメラニン色素の活性化や、ターンオーバーの滞りが挙げられます。
しかし肝斑(かんぱん)の場合には、これらに加えて女性ホルモンのバランスも大きく関係していると言われています。
たとえばピルを服用している人や、妊娠した人などは、女性ホルモンのバランスが乱れやすいことから、これが出やすいとされています。
また30代から40代にかけて突然、出てくることが多いと言う特徴も、その年齢になると女性ホルモンのバランスに変化が訪れやすいためです。
このような原因を踏まえた上で、肝斑(かんぱん)の治療に関しては、ひとつはトラネキサム酸の利用が挙げられます。
これは女性ホルモンのバランスに働きかける作用はありませんが、メラニン色素の生成や活動を抑制することで、それ以上、肝斑(かんぱん)ができること、あるいはその色が濃くなるのを防ぐ効果が期待できます。
特に内服薬に関しては、体の内側から表皮の深いところにあるメラニン色素にまで働きかけるので、高い効果が期待できるとされています。
また外用薬の場合は、トラネキサム酸以外に美白に対して作用が期待できるビタミンC、ハイドロキノンなどが併用されることもあります。
勿論、この期間中も、メラニン色素を活性化させないために紫外線対策は必須です。
ちなみに肝斑(かんぱん)の治療においては、他のシミに対しては有効性が期待できるレーザー治療は逆効果だと言われています。
ですから肝斑(かんぱん)とそれ以外のシミが併発している場合は、まずは肝斑(かんぱん)を治療して、それから他のシミに対してレーザー治療を行うのが望ましいです。
トラネキサム酸を利用した場合、だいたいその治療を開始してから1ヶ月後くらいに効果が出てくると考えられています。

-総合

Copyright© 肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは? , 2017 All Rights Reserved.