肝斑(かんぱん)を一般的なシミと同じように扱った私は地獄をみました。美容〇〇師がコッソリとしている方法で簡単にケアできることだったのに。。

肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは?

総合

肝斑(かんぱん)の原因は紫外線?

投稿日:

肝斑(かんぱん)に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。
紫外線が原因となるシミとは異なり、肝斑(かんぱん)はホルモンバランスの乱れが原因となります。
肝斑(かんぱん)の原因は紫外線ではないということをきちんと理解しておく必要があります。
普通のシミは、紫外線を受けることでそれが肌へのダメージとなりメラノサイトから生成されたメラニンが色素沈着を引き起こして肌にあらわれてしまいますが、肝斑(かんぱん)の場合は紫外線を受けなくてもできてしまいます。
ホルモンバランスが乱れやすい30~40代の女性に多くみられ、閉経を迎える50代頃に薄くなったり消えていったりするという特徴があります。
ですので、肝斑(かんぱん)対策をするためにはシミのようにUVケアで予防するという方法ではなく、化粧品やサプリメントや医薬品で働きかけて改善させるという方法が有効になります。
化粧品は、漂白作用がある美白成分であるハイドロキノンが配合されているものを使用するのが効果的です。
毎日のスキンケアに取り入れることで肝斑(かんぱん)を薄くしたり消したりする効果が期待できます。
強力な成分なので敏感肌の人や肌が弱い人は注意が必要です。
ハイドロキノンが高濃度で配合されているクリームをスキンケアに取り入れて集中ケアをしたい場合は、皮膚科や美容クリニックなどを受診して処方してもらいましょう。
サプリメントや医薬品は、ビタミンCやLシステインやトラネキサム酸などが配合されているものがおすすめです。
積極的に摂取することで体の内側からしっかりと肝斑(かんぱん)に働きかけることができます。
ビタミンCやLシステインやトラネキサム酸はメラニンの生成や色素沈着を抑制する働きがあるので、透明感のある美肌に導く効果が期待できます。
肝斑(かんぱん)の原因が紫外線ではないからといってUVケアを怠ることは良くありません。
紫外線対策や化粧品による保湿ケアを徹底して健やかな肌環境を保つということも大切です。

-総合

Copyright© 肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは? , 2017 All Rights Reserved.